Welcome to my blog

VARIOUS H・L

Article page

バラクキバチ対応策で脱農薬第2弾

Category - 薔薇 お薬
先日のバラクキバチの記事での仮説を実行してみることにしました※その時の記事


葉っぱが不味くなったらバラクキバチの被害が減るのかってことなんですが

残効性の殺虫剤なら嫌がると思いますが

せっかくなので脱農薬として良く使われてるニームオイルを使ってみることにしました



イロイロなニームオイルがある中これをチョイス

これいい香りがするんですよ

レモンの香り


レモンの香りに包まれて散布できます 

すごくいい!! ( ̄▽ ̄)

1000倍希釈で使用

DSC08003-min.jpg

ニームオイルって農薬ではないですが

ネットで調べるとニームオイルのアザジラクチンっていう成分が

殺虫効果があるんだそう

そのアザジクラチンって成分は即効性の殺虫成分ではなく

虫の成長を阻害するんだそうです

いわいる忌避ってことなんでしょうね

合成化合物に代わる天然殺虫剤ということらしい


アザジラクチンは、食品に残留することにより人の健康を損なう
おそれがないことが明らかであるとは考えられない。


って発表してるようなレポートがいくつもあったり

健康にいいとして食品として売ってる会社もあるようですが

どっちなんでしょうね ( ゚Д゚)


とりあえず 人に無害って程ではないとしても

バラに使うくらいなら農薬よりよっぽど健康的なのは明らか(*'▽')



ただ  扱いが少し注意が必要みたいで


ネットで調べた範囲の知識ですが


ニームオイルの散布は夕方が基本

日差しが強いと水滴として残ったオイルが原因で葉を痛める

散布後効果がでるのに1週間かかる

7~14日置きくらいの散布って書いてありますが4~5日おきくらいでもいいみたい

雨が降ったらリセット

なので 農薬より頻繁に撒かないとダメっぽい




そんなことを踏まえ

今回は数回粉で撒いたボトキラーと一緒に

両方とも1000倍で散布です

DSC07997-min.jpg


展着剤を使うか迷いましたが

まくぴかで薬害がでたことないから

ニームオイル+ボトキラー(なっとう菌)+まくぴか

これで散布をしてみました




散布直後の写真です

まくぴかが良く効いていて均等に展着してますね

DSC07999-min.jpg


水滴の固まりがあると薬害になりやすいから

これくらい分散してくれると安心ですね

DSC08000-min.jpg




散布直後乾いたらどれくらい汚れるかと気になりましたが

ほぼ汚れは目立たないですね

DSC08002-min.jpg



1回目の散布してから3日後に2回目の散布した次の日の葉っぱです

少し汚れてますね

ニームの汚れではなくボトキラーの汚れなんでしょうね

DSC08070-min.jpg

これくらいの汚れで農薬を使わなくて

効果があればいい選択肢かなと思います



実際1回目ニーム散布後の2日後にバラクキバチに1本やられました


でも 効果が1週間後くらいかららしいので予想の範囲でした

3日間で15~16本やられた2日後に1本だから効果はあったのかな~

2回目を散布後はゼロでした

生み終わって満足したのか

花クキが硬くなったのかはわかりませんが


2回散布後からバラクキの被害は収まりました




今日は雨


アイスバーグが開きだしているなか

12時間以上雨に当たっています

ボトキラー(なっとう菌)が灰色かび病に本当に効果があるのかが見れるから興味深々


赤い点々が出ないのか 減るのか 普通に出るのか

明日か明後日には結果がでるかな~



しばらくは ニームとなっとう菌の散布を週一くらいで

やってみましょうか ( ̄▽ ̄)


にほんブログ村
スポンサーサイト



Category - 薔薇 お薬

4 Comments

シン  

miyakoさん

こんばんは

ローテーションの話 書き方が悪くて誤解があるといけないので補足です。

例えですが

1週目土曜日フルピカ 2週目土曜日ベンレート 3週目土曜日ラリー水和

4週目土曜日フルピカ 5週目土曜日ベンレート 6週目土曜日ラリー水和

といったローテです

これだと殺虫剤の乳剤やダニ剤の乳剤も気にしなくて混ぜられます

でも フルピカとかって5000円以上もするので

ここまでしなくとも

ベンレートお持ちでしたらサルバトーレと交互に使って

週に1回の散布を4~5週間くらいやれば抑えられると思われます

3~4週間でもいけるかな~


まくぴかって倍率1万倍なんです なので10ℓで1CC

そんな量なので細かい目盛りがあるスポイトが必要です

展着剤って入れすぎると薬害がでるようです



カプチーノ頑張ったんですね~

でも 葉っぱなくなっちゃうと次の年いい花咲かなくなるから

極力葉っぱは残したいですよね(笑)




黒星がひどすぎる場合の裏技なんですが

7月前くらいに全部葉っぱをむしっちゃって

冬状態にすると

夏の間に新芽が出て秋までワサワサの状態が保てるらしいです

新しい葉っぱは黒星にならないって理由だそうです

2021/05/17 (Mon) 00:15 | REPLY |   

miyako  

こんばんは♪

わぁ~とっても詳しく説明していただいて感謝です。
私をバラをやりだしてまだ5~6年くらいです。

ベンレートは持っていたように思います。
ダコニールは混ぜてはいけないということですね。
週一を2回ですか?一回で終わっていたかも・・ σ(^_^;)

展着剤のまくぴかは、初めて聞きました。
これも探してみます(^^)/

カプチーノというバラが一番ひどくて
葉がまったくなくなって花だけという状態で咲いていたことがあるんですよ!
すごい根性バラさんでした^^

今回もありがとうございました💛

2021/05/16 (Sun) 21:54 | REPLY |   

シン  

miyakoさん

さっそくボトキラーをオーダーしたんですね(笑)

ニームはネットで買いました 農薬ほどの効果はないようですが

しばらく使ってみようと考えてます

黒星がでてますか

黒星は出たら治らないので

まず 黒星が出てる葉っぱは全部取った方がいいですね

数が少なければ5枚葉ごと取ったほうが無難ですが

多いようであれば葉っぱ1枚ごとハサミで取ったほうがいいです

黒星が出てない葉っぱにも黒星菌が入ってるそうなので

治療が必要になります 出始めが勝負です


ボトキラーはあくまで予防ですので現在黒星が出てる場合は

治療薬が必要です

ボトキラー混用NGがあってバラの薬で有名なジマンダイセンや

オーソサイド、ダコニールはNGですね

バラの治療薬でお勧めはフルピカ、ベンレート、ラリー水和剤

このあたりの週1のローテーションを2回くらいやっておけば

まず 抑えられると思います

その後は予防に移行でいいはずです


ラリーのところをEBIなのでサルバトーレやサプロールでもOKです

こっちは乳剤なのでちょっと注意が必要です

殺虫剤と併用の場合 乳剤+乳剤が薬害の恐れがあるそうです

展着剤はイロイロとテストしましたが まくぴかがお勧めですね


黒星が出てる部分が黄色くなって葉っぱの緑とクッキリ線を引いたように

色分けされたら治療が効いてる状態だそうです


黒星を放置してると夏に坊主になってしまうから

今が肝心かもしれません















2021/05/16 (Sun) 16:05 | REPLY |   

miyako  

こんにちは♪

先日はありがとうございました。
ボトキラーはただいま、農業屋さんに取り寄せしてもらっています。
ニームオイルというのはよく聞きますが、これもHCには置いてないですね。
我が家のバラは、うどん粉はないのですが黒点はどれも出てきます。
どうしてなのかしら?良い方法はありますか?
って自分で調べればよいのにねぇ。すみません。(^-^;

2021/05/16 (Sun) 13:45 | REPLY |   

Post a comment