Welcome to my blog

VARIOUS H・L

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

4回目 5回目 6回目の薬剤散布

Category - 薔薇 お薬
この時期黒星はあまりかからないと思いますが

うどん粉対策と害虫対策で週に1回のペースでお薬を撒いています。


4回目のお薬はカリグリーン 展着剤はスカッシュ

うどん粉の治療薬


3回目の散布から4日くらいの間隔で散布したから殺虫剤はスルー。

DSC02625-min.jpg

いろいろ調べてみるとうどん粉ってあまり予防ができないみたいなんです。

当然予防効果がある良い薬はいろいろありますが
バラの生長がゆるしてくれないそうなんです。

理由はこの時期とても成長が早く
例えば1日で葉っぱ1㎠に薬剤を掛けても3日後には葉っぱが4㎠に大きくなって面積4倍で
薬剤が掛かっていない面積増えまくるため
浸透移行の薬でも追いつかないんだそうです。

そうなると 散布の間隔を縮めてもしうどん粉等に掛かっても
極初期なのでどんどん治療してあげれば被害が目に見えるまえに
終わるんだとおもっています。





5回目は殺菌:サプロール 殺虫:ベニカR 展着:スカッシュ

サプロールは上記の理由で治療薬
ベニカRはバラゾウムシ対策

展着剤はスカッシュのみでここ最近アビオンEはやめることが多い。

うちで使ってるスカッシュとかってクチクラに浸透させるタイプだそうで

アビオンEは表面コーティングだから新梢やら新葉やらを今の時期コーティングしても

分断されるだろうし葉っぱが成長しきったやつならコーティングも有効だろうけど今の時期は無駄なような気がして。

DSC02882-min.jpg




6回目 昨日の薬剤散布

殺菌:ジマンダイセンフロアブル
殺虫:スミチオン
展着剤:スカッシュ+アビオンE

殺菌剤は月曜、火曜が雨なのでうどん粉じゃなく黒星の菌を
寄せ付けたくないという理由浸透しないで張り付くジマンダイセンにしてみました。

殺虫はスミチオン。理由は特に無くただのローテーション。

展着剤はスカッシュとアビオンE

アビオンEは今の時期いらないと書きましたが
2日雨という事だから
2日間表面を保護したいためにアビオンEを少し追加。

DSC02876-min.jpg

雨がやんだら次はフルピカとダントツの予定。



あと 日本農薬株式会社のHPより抜粋。

「よく、乳剤を使うときには展着剤は入れる必要がないという話を聞くことがあります。
乳剤にも界面活性剤が入っておりますが、こちらの界面活性剤は有効成分を水に分散させるためのもので
展着剤に入っているものとは特性が異なりますので、薬液が付着し難い作物には
薬剤の効果を安定させるために剤型にかかわらず展着剤の加用をお薦めします。」


乳剤が入ってたら展着剤がいらないってのはどうやらガセらしい。

新梢に展着剤使わないと薬が玉になって張り付かないですよね。
葉っぱに薬が乗らないと薬剤散布の効果も半減でしょうから
展着剤ってのは重要なんでしょうね。



にほんブログ村


薔薇(バラ)ランキング

スポンサーサイト

Category - 薔薇 お薬

- 6 Comments

シン  

akoさん

展着剤ってけっこう重要ですよ。

どれだけ良い薬使っても葉っぱにつかなかったら意味ないし。(笑)

新梢部分なんか展着剤使わなかったらほとんど弾いちゃって薬きかないです。

以外とみなさん薬は気にするけど展着剤怖がって使わないですよね。

絶対使ったほうがいいから復活しましょう!!

スカッシュを去年使ってみてすごく良かったですよ。

スカッシュで薬害はないと思います。

新梢にもよく乗るしオススメです。

2017/04/19 (Wed) 20:29 | REPLY |   

シン  

魚菜さん

乳剤と乳剤を一緒に使うと薬害が出やすいってあるじゃないですか。

うちもそれやると葉っぱの全部にじゃないですがチヂレとかがチラホラと。

そんなに多くないから気にもせず使ってましたが

そろそろちゃんとやってみようかと調べたんです。

乳剤+乳剤はどうやら乳剤の濃度が上がるから薬害がでるんだそうです。

双方乳剤の殺菌剤1000倍と殺虫剤1000倍を混ぜて1000倍のつもりですが
界面活性剤が×2になって薬1000倍、乳剤500倍って理屈になるんだそうです。

それで濃すぎて薬害ってことらしいです。

今年撒いたベニカR乳剤とラリー乳剤の組み合わせで案の定チヂレ発生いたしました。

展着剤2種混用は推奨されてないから自己責任でしょうね。

でも 次回からまくぴか+アビオンEでいってみようかと思っています。

スカッシュと展着具合を見くらべてみます。

ニーズは新梢には向かないっぽいです。

2017/04/19 (Wed) 20:21 | REPLY |   

ako  

こんばんは〜

シンさん こんばんは❣️

薬剤散布、頑張ってますね!
バラの葉もワサワサしてて、宮崎よりも早いですね〜
こちらは、桜と一緒で、バラも遅れています。

乳剤、やはり、展着剤が必要なんですね。昔は、展着剤を使っていましたが、ここ数年は、使ってなかったです。殺菌剤と殺虫剤を組み合わせただけ。
今年から、植木屋さんに散布はお願いしましたが、薬剤は私が準備しています。展着剤、用意しなくちゃ。
植木屋さんは、バラの知識は、余り無くて、私の指示で散布なの。
良い勉強になりました。
漠然と、何時もの年のように、気温で薬剤を変えるだけでは、充分では無かったのね。
梅雨が明けた頃には、少し黒点が出てしまっていました。諦めていたけど、展着剤をプラスしたら、夏以降も、黒点を抑え込めるかもね。
参考にさせて頂きますね⭐️⭐️⭐️
殺虫剤、トレボンを使っています。殺菌剤はダコニールとサプロール、500mlのがお得ですね。

バラの開花も、もう直ぐですね❣️
シンさんちの、モンスターのクライミングのバラ達、楽しみです。
素敵に咲きそうですね!

2017/04/18 (Tue) 21:41 | REPLY |   

魚菜  

うちも
乳剤を重ねるほど
薬害出ちゃったんで

乳剤 乳剤 展着剤 展着剤と
重ねると嫌な予感がするので

展着剤の種類いっぱい使うの控えちゃってます。

そんなことないですか?

2017/04/18 (Tue) 20:42 | EDIT | REPLY |   

シン  

お薬2年目なのでもうちょっとレベルアップしてみようかと
模索中です。

うめこさんの言うとおり薬剤の乳剤+乳剤はそこそこリスクありますよね。

去年は計量がめんどいんでベンレートとカリグリーン以外はみんな液体にして

耐性重視で小さな薬害は無視していたんです。

今年は殺虫剤を乳剤有にして殺菌剤は粉物も使って乳剤無しにしてみようかと。

展着剤のニーズとスカッシュは使ってみたので
そろそろ「まくぴか」のデビューです。

スリップスはなかなかやっかいですね。

去年オルトランとかアドマイヤーとか根本に撒いて吸い上げさせてみましたが
スリップスは元気に走り回っていました。

花に薬掛けると赤くなるから薬撒けないし
去年は額が割れる前からカバーをして保護をしたんですが
けっこうめんどい^^:

青い札下げるのも少し効果はあったかな。 いっぱい取れましたよ。
スリップスは黄色じゃなくて青のほうが多く獲れました。

ディアナSCに黒糖500倍がけっこう効果あるとバラ塾で教えてもらって
買って使おうかと思ったら何か感じたのかスリップスに一斉に逃げられました。(笑)
なので 今年はその作戦つかってみようとたくらんでます。

2017/04/18 (Tue) 20:28 | REPLY |   

うめこ  

わー

ためになるー。

シンさんのローテ真似して消毒しようかしらー。もうなんか考えるのめんどくて誰かローテ表作ってくれたらその通り撒くのにwと思うのでありました。

乳剤、ガセなんだ・・・ 乳剤重ねるとばっちり薬害だけは出してくれるのにーw

スリップスをシャットアウトする方法を考えなくてはー

2017/04/18 (Tue) 11:46 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。